前へ
次へ

婚約指輪の基本的なデザインをチェック

結婚が決まった女性に男性が贈る「婚約指輪」は、女性にとって人生の中でも特別な指輪となります。
最近は節約志向の高まりから婚約指輪を用意しないというカップルも増えていますが人生に一度、男性から贈られる特別な指輪ですので、婚約が決まったら購入を検討してみてはいかがでしょう。
婚約指輪には基本的なデザインが4つあると言われています。
最もオーソドックスなのがソリティアです。
ソリティアは指輪のアーム部分の中央に、石を1粒装飾したデザインです。
日本で婚約指輪に装飾する石といえば、ダイヤモンドが一般的です。
2つ目はセンタストーンの脇に、小粒ダイヤのメレダイヤをあしらったメレです。
メレダイヤの配置の仕方で、見た目の印象が大きく変わります。
ゴージャスな結婚指輪をという場合に選ばれているのがパヴェです。
センターに大粒のダイヤを、そして指輪のアーム部分全体にメレダイヤを敷き詰めたデザインとなっています。
最後の1つはエタニティです。
同じ大きさにカットした小さ目のダイヤが指輪のアーム部分に装飾されたもので、カジュアルなファッションにも合いやすいと若い女性に人気です。

Page Top