前へ
次へ

一生に一度の行為ということになるものですから

一生に一度の結婚式であるということが前提になっているわけですからだからこそ色々とこだわりたいというようなこともあるわけです。
それはよいのですが自分一人よがりなものにするのはよくないです。
自分が主役というようなことを主に花嫁さん側が考えてしまうということがあるのですがそうではなく打ってくれた人にこれから結婚をするのでよろしくお願いしますという披露の場であるということを理解しておきましょう。
確かに花嫁さんのきれいな姿を見せるということも大事なことではありますが、参列してくれた人に様々な楽しみを与えるということが結婚式においてはとても重要になります。
顔合わせと言う側面もあるわけです。
感動を重要視するのが最近の結婚のスタイルではあるのですが感動の押し付けだけはしないようにしましょう。
極端な話、完璧な礼儀作法に基づいた結婚式というのは逆に今は珍しくなっていますからそちらの方でアプローチしてみるということもやり方としては正しいと言えるでしょう。

Page Top